サブスクリプションとは?メリットやレンタルとの違い、代表サービスまとめ

いま、続々と増えているサブスクリプションサービス。「買う」「捨てる」が当たり前だったのは、これまでの時代。僕たちの働き方や生き方が多様化しているように、物の使い方も選べる時代になってきたみたいだ。

サブスクリプションとは

サブスクリプションとは

サブスクリプション(Subscliption)とは「定額制で利用できるサービス」のことで、よく「サブスク」と略される。そもそもの意味は「定期購読」や「予約購入」といったところ。現在では、モノ、サービス問わず、月や年単位で定額制で利用できるほとんどのものが「サブスクリプションサービス」と呼ばれている。例にもれず、このサイトでもそんな感じで使っている言葉だ。

上記の表はグーグルで「サブスク」と検索された回数の推移。こうやってデータで見ると、あらためて「サブスク」があたらしい言葉だということがわかる。

2019年の10月頃までは、検索された回数はほぼ0だ。

ミニマリストなんて言葉も出てきた通り、モノに執着する時代は終わりを告げた。「どんなサービスを受けられるのか」「どんな経験ができるのか」と、モノよりも体験の価値が高まっているのが現代だ。

買うことがステータスだった車も、リースやレンタルで済ませる時代が来てる。高級腕時計も月額制でレンタルだし、香水だって季節に合わせたおすすめの香りが月に1回送られてくる暮らしになった。サブスクリプションが、僕たちの生活をガラっと変えようとしている。

サブスクリプションサービスの特徴

サブスクリプションサービスの特徴をシンプルにまとめると、下記の2つに集約される。

  • 月や年単位の定額制や従量制で利用する
  • 物、サービスなど様々なジャンルがある

月額制や定額制で利用できるサービスは、いまや大抵のものが「サブスクリプションサービス」として説明されている。買い切るタイプが当たり前だったパッケージソフトも、いまやほとんどがサブスクリプションだ。

たとえば、画像編集の第一線のアドビのフォトショップや、ビジネスシーンでは欠かせない「マイクロソフト」のワードやエクセル。

たぶん使ったことがあるんじゃないかな?

もう知ってるかもしれないけれど、上記のソフトも今やほぼサブスクリプション型に移行してる。パッケージの販売もあるものの、クラウドで完結するサブスク型の方がはるかに便利につかえる。スケジュール管理ソフトだって、会計ソフトだってそう。サブスクリプションは、今やすっかり日常に溶け込んでいるサービスだ。

サブスクリプションとレンタルの違いは?

サブスクリプションとレンタルは、似てるけれどちょっと違う。

レンタルといえば、そのモノ一つひとつに値段が掛かるイメージだよね。でもサブスクは、あくまで「パッケージ」や「期間」に対してお金がかかるイメージなんだ。

DVDレンタルを考えてみてほしい。たとえばアルマゲドンのDVDを100円で2泊レンタルしたとする。もしもアルマゲドンを初日で見終わってしまったとしても、同じ金額で違うタイトル(例えばターミネーターとか)に変えることはできない。返却するだけだよね。

対してサブスクリプションは、たとえば月額1,000円で何作でも見放題なんてサービスが基本だ。1日でアルマゲドンを見終わったら、つづけてターミネーターを見てもいいし、バックトゥザフューチャーを見てもいい。

サブスクリプションサービスの方が、僕たちがより自由に利用できるようなイメージだ。

サブスクリプションサービスを利用するメリット

サブスクリプションサービスを利用するメリット

それだけ世間に溶け込んでいるということは、裏を返せばサブスクに大きなメリットがあるってこと。「月額制」という特性をもつサブスクリプションの利用メリットは、主に金銭面や利便性にあるようだ。

  • 買い忘れを避けられる
  • 1度の支払いが少額になる
  • いらなくなればすぐに解約できる

買い忘れを避けられる

例えば歯ブラシのサブスクや香水のサブスク。いまはカミソリのサブスクだってある。もしかしたら、もう使ってるサービスがあるかもしれないね。

「定期的につかうものは、自動的に届いたらいいのに」

サブスクは、そんな僕たちのニーズを見事に満たしてくれた。いまはもう、わざわざ薬局にいくのは頭痛薬を買うときくらいだ。

1度の支払いが少額になる

例えばマイクロソフトのオフィスが良い例だ。エクセル単体ですら買い切りパッケージは15,000円もする。パソコンを組むときにワードとエクセルをプリインストールするのも、ちょっと悩む値段だ。

でもMicrosoft365というサブスクリプションサービスなら、ワードやエクセル、パワーポイントなどの主要な7種類のソフトがすべて入って月額1,284円からつかえる。昔から考えるとすごいことだ。

「やっぱり買った方が、長い目でみたら安いんじゃ?」と思うかもしれない。でもこういったソフトの場合は「定額で常に最新版が利用できる」ということもメリットだ。毎回の支払いが少額で済んで、常に最新版を使えるなら、選ぶ人が多くなるのもわかるんじゃないかな。

いらなくなればすぐに解約できる

パッケージソフトなら、使わなくなったらゴミになるだけだ。自然と忘れられて、PCのハードディスクを圧迫するだけの存在になる。なんとなく捨てにくくて、ベッドルームのクローゼットの奥で眠ってる服があるんじゃないかな?

でもこれがサブスクなら、解約したり返却すればOK。なにも損することがない。

腕時計だって、洋服だって、なんでもサブスクで使える時代だ。常に最新版が利用できて、いらなくなればすぐに解約できる。そんな気軽さも、身軽に生きたい現代の僕たちにとってのメリットだ。

代表的なサブスクリプションサービス例

サブスクリプションには、様々なジャンルのサービスがある。いくつか代表的なものを紹介して締めようと思う。

Amazonプライム

例えばAmazonプライムは、サブスクのもっとも有名なサービスの一つだ。月額や年額で支払えば、プライムビデオが見放題で宅配料も無料。おまけに本や音楽の無料サービスまでついてくる。生活のインフラにもなっているような、代表的なサブスクサービスだ。

プライムビデオを詳しく見る
公式サイトをチェック

リーンボディ

リーンボディはフィットネスのサブスクサービスだ。以前はたとえばDVDレッスンが流行ったりしたものだけれど、今や月額を支払えばさまざまな自宅フィットネスを楽しめる。しかも無料体験までついているというから驚きだ。

リーンボディは2週間無料
公式サイトをチェック

ブルーミーライフ

ブルーミーライフは花の定期便だ。3つのプランから花のボリュームを選んで、定期的に自宅に花が届くサービス。毎回選びにいく時間のない人にとって便利なことこの上ないだろう。1回500円からとお手頃な価格設定も、人気の理由の一つだ。

花の定期便ブルーミーライフ
公式サイトをチェック

サブスクリプションサービスで暮らしをもっと楽しく

お伝えしてきたように、サブスクは僕たちの暮らしを楽しく、軽やかにしてくれるサービスだ。

このサイト「サブスクピックス」は、スマホ1台で気軽に始められるサブスクサービスをたくさん紹介している。自分にぴったりなサブスクを選んで、今日からもっと快適な生活を始めていってほしい。

使い放題は、今はもうポケットの中に入る時代だ。

関連記事

  1. メンタリストDaiGo(ダイゴ)から学ぶ、効果的なオーディオブックの使い方

    メンタリストDaiGo(ダイゴ)から学ぶ、効果的なオーディオブックの使い方