VOD

VODとは?│VODの種類や各サービスの特徴、選び方を徹底解説!

VODとは?│VODの種類や各サービスの特徴、選び方を徹底解説!

VOD(ビデオ・オン・デマンド)という言葉が一般的になって早数年。

レンタルビデオ屋に行かずとも、24時間好きなときに自宅で気軽に映画やドラマを視聴できるようになりました。

そんな動画配信サービスですが、現在非常に多くの種類がリリースされています。「結局どれを選べば良いかわからない」なんて方も多いでしょう。

この記事では、各サービスの特徴や選び方、メリットなどをご覧いただき、自分にあったVODを問題なく選んでいただけることを目指してご説明します。

About Me

Subsc-p!cksでは、今を身軽に生きる人にピッタリなサブスクリプションサービスを紹介しています。「web」「リモートワーク」「ノマド」「フリーランス」こんな言葉にピンとくる人には、きっと楽しんで貰えるはず。身軽な僕たちには、サブスクが良く似合います。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)とは

VODとは

VOD(ビデオ・オン・デマンド)とは、動画配信サービスのこと。主にサブスクリプション制(月定額)のもの、無料(広告有)のもの、1本ずつ課金するものの3種類があります。

昔は実際のビデオカセットやDVDをレンタルし、期限がきたら返却するような視聴方法が一般的でした。いわゆる「1本ずつ課金する」タイプです。

しかし、2000年代より光ファイバーのインターネット回線が普及し、動画ファイルの通信に問題がなくなりました。さらに、テレビが一家に一台ある時代もおわり、スマホやタブレットで動画を見るようになりました。

そういった背景で、動画プラットフォームは一気にweb上に移りました。

いまや、動画を見るといえば「VOD」あるいは「映画館」、そして衰退しつつある「テレビ」が主なプラットフォームになるのではないでしょうか。

VODの特徴

VODの動画配信サービスとしての特徴は、「手軽」「場所を選ばない」「デバイスを選ばない」「選択肢が多い」といった所でしょう。

テレビ、映画館の特徴と比較すると以下の通りです。

↓横にスクロールできます。

動画配信 料金 視聴場所 画面 体験 配信時間
VOD 無料~月額2,000円程度 どこでもOK 小~中 いつでも手軽に好きなものを選べる さまざま
テレビ 無料(一部有料) 主に自宅 流し見に向いている 通常30分程度~
映画館 1回1,500円程度 映画館 自宅では難しい大画面・音響 1回1時間半~

VODの特徴を一言でまとめるならば、「視聴者に選択権がある」ということです。

映画館は、一度入ればそのタイトルが終わるまで見続ける必要があります。

テレビは、好きな番組があっても時間が合わなければ見ることができません。

対してVODは、アーカイブされているものはいつ何時でも、視聴者の都合に合わせて見る事ができます。

手元の小さい画面で動画を見るようになり、一度に大勢の出演者の出るテレビ番組の需要がなくなりました。

「これを見ろ」と言われる時代は終わり、視聴者が真に見たい物を選ぶ時代になったことが、VOD台頭の理由ではないかと考えます。

VODサービスの選び方

VODサービスの選び方

自分に合ったものを、必要なだけ選べるVOD。

今を生きる我々にピッタリなサービスですが、非常にたくさんの会社がサービス展開しており、選ぶことが一苦労です。ここでは、「VODをどのような基準で選べば良いか」を解説します。

VODを選ぶ基準
  • 得意ジャンル
  • 独占配信動画
  • 配信方法
  • 価格
  • オプションサービス

得意ジャンル

各VODサービスの大きな特徴、差別化の一つとして、ジャンルの違いがあります。

オリジナルコンテンツが得意なAbema、自社アーカイブの配信を主としたFOD、映画・ドラマが得意なHulu、全体的なバランスの良いamazon primeなど。

まずは「そのVODサービスの得意なジャンル」が一つの選択基準になります。

独占配信番組動画

「この番組は、このVODサービスでしか配信しない」という独占配信で差別化を図っています。

各社が作成したオリジナルコンテンツが殆どです。

「オリジナルドラマ」が得意なHuluや、「企画バラエティ」が得意なAmazon prime、「連続バラエティ」が得意なAbemaなどです。

自分の見たい番組が決まっている場合は、独占配信の有無も主な選択基準になります。

配信方法

ここでいう配信方法とは、「定額で見れる動画」「1本ごとにお金を払う必要のある動画」などの、課金形態の違いです。

↓横にスクロールできます。

配信方法 簡単に言うと 代表サービス 名前 特徴
AVOD 広告つきで無料で見れる Youtube
ニコニコ動画
アドバタイジング・ビデオ・オン・デマンド
広告型動画配信のこと
無料で見れるため、配信者も素人からプロまで様々
SVOD 定額で見放題 プライムビデオ
U-NEXT
サブスクリプション・ビデオ・オン・デマンド
定額動画配信のこと
映画・ドラマ・オリジナル番組など様々。
PPV 動画1本毎に課金する 大抵のSVODに
一部ある
ペイ・パー・ビュー
さらに買い切り型(EST)とレンタル型(TVOD)に分かれる
主に新作映画のレンタル視聴など

VODといえば、現代では一般的に「SVOD」のことを指す場合が多いです。

そういった定額で動画見放題のサービスの中に、一部「この映画はまだ新しいから、300円払ってくれたら1週間だけ見せてあげる」といったPPV(ペイパービュー)のコンテンツが含まれている構成が一般的です。

基本的には、「SVODで見れる配信動画の中に自分の好みのものがあるか」が、サービスを選ぶ大きな基準になります。

価格

VODを利用する上で、価格も勿論大切です。

この記事では主にサブスクリプション制の月額換算で比較しますが、基本的に各社1,000円~2,000円程度の価格幅に収まります。

配信動画の総量と価格が見合っていなければ一見損した(あるいは得した)気分になりますが、「実際自分が見るジャンルの動画がどの程度あるのか?」といった視点で考える必要がありそうです。

極論ですが、「興味のない動画が100万本で月額1,000円」と「興味のあるものばかり1000本で月額2,000円」を比べる場合、後者を選びましょう。

とはいえ、「視野を広げるには自分に興味のないジャンルも目に入った方が良い」という人もいます。結果、自分の趣味嗜好に合わせましょう。

オプションサービス

各社、動画配信だけでなく様々な特典を用意しています。

たとえばプライムビデオであれば、宅配、音楽、書籍の無料サービスも付いています。FODであれば、動画だけでなく雑誌もついてきますし、U-NEXTも漫画などが読めます。

このようなオプションサービスも、サービスを選ぶ決め手の一つになるでしょう。

代表的&おすすめのVODサービス

代表的&おすすめのVODサービス

それでは、代表的なVODサービスをご紹介します。

主に「動画本数」「得意ジャンル」「月額」で各社サービスを比較します。

↓横にスクロールできます。画像クリックで詳細へ。

VOD
U-NEXT

Abema

FOD

プライムビデオ

Hulu

dTV

Youtube

ニコニコ動画
種別 SVOD SVOD SVOD SVOD SVOD SVOD AVOD
SVOD
AVOD
SVOD
動画本数 18万本以上 独占配信5,000以上 独占配信5,000以上 1万本以上 6万本以上 12万本以上 不明 不明
得意ジャンル 映画 バラエティ・ドラマ ドラマ オールジャンル テレビ・スポーツ アニメ・映画 オールジャンル バラエティ
月額 1,990円 960円 880円 408円 933円 500円 無料or1,180円 無料or500円
無料期間 31日間 1か月 2週間 1か月 2週間 31日 基本無料 基本無料
オプション 雑誌・漫画の読み放題もあり アーカイブが全て見れる 雑誌・漫画の読み放題もあり 宅配・音楽・書籍の無料利用 特別なオプション無し 特別なオプション無し 特別なオプション無し 特別なオプション無し

※動画本数は、あくまで目安です。月額は全て税抜き。全て2020年5月時点の情報です。

まずは無料で利用できるものばかりです。気になる物はまずは無料で試したうえで、お気に入りのサービスを継続するような探し方でOKです。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)
U-NEXTが向いている人
  • 映画・韓流ドラマが好きな人
  • 追加課金して最新映画が見たい人
  • とにかくいろいろ見てみたい人

U-NEXTは、18万本以上という他サービスを圧倒する動画本数を誇るVODサービス。

また、「月額制」という枠にとらわれず、最新作を容赦なくPPVで引っ張ってくるというサービス体制が特徴。

とはいえ月額制でみれる本数が少ないわけではなく、あくまでPPVとして課金が必要な動画は最新作のみ。

さらに、毎月PPV視聴用のポイントが1,200ポイント付いてくるため、そのポイントを利用して最新作の視聴も可能。

最新映画(550ポイント~)やアニメ(300ポイント~)をPPVで見れて、物足りなければさらに課金して500ポイント単位で追加購入できます。

映画や韓流ドラマなどが多くはなっていますが、とはいえ膨大な動画数を誇る為、その他のジャンルも他のサービスと比較すると十分多く用意されています。

いろいろなものをつまみ食いしたい人にも向いています。

種別 SVOD(一部PPV)
動画本数 18万本以上
得意ジャンル 映画・韓流
月額 1,980円
無料期間 31日間

まずは31日間の無料期間で「定額配信」の番組に好みの物があるかチェック。

それが好みに合えば、毎月最新作を見るためのポイントも付いてくるうえ、他のサービスより圧倒的な動画本数を誇るため、一番オススメのVODです。

\CHECK NOW/

U-NEXTの配信動画を無料期間で見てみる

Abema(アベマ)

Abema(アベマ)
Abemaが向いている人
  • バラエティが好きな人
  • テレビのバラエティが物足りない人
  • 好きな芸能人がAbemaで番組を持っている人

Abemaは、主にバラエティのオリジナルコンテンツを配信しているサービス。

ただ知名度があるというより、きちんと「人気のある」芸能人のMCを多く起用しているため、好きなタレントが番組を持っている場合は要チェックです。

リアルタイム放送分は登録せずに無料視聴できるので、まずはどんな番組があるかチェックしてみることをおすすめします。

バラエティが好きな人は、1本くらいお気に入りの番組があるのではないでしょうか。

まずはチェック→おもしろい番組を見つける→その番組のバックバックナンバーを無料登録期間で見る→引き続きみたい場合は課金継続

このような流れで利用すれば有意義です。

種別 SVOD
動画本数 独占配信5,000以上
得意ジャンル バラエティ・ドラマ
月額 960円
無料期間 1か月

まずは登録もせず無料でリアルタイム視聴。面白い番組があれば登録して、無料期間でバックナンバーを見てみてください。

バラエティ好きな人にはイチオシのVODです。

\CHECK NOW/

ABEMAの配信動画をまずは無料で見てみる

FOD(フジテレビ・オン・デマンド)

FOD(フジテレビ・オン・デマンド)
FODが向いている人
  • テレビが好きな人
  • 月9が好きな人
  • 雑誌も読みたい人

FODは、フジテレビが展開するサービス。独占配信コンテンツを5,000以上持ちます。

ネットオリジナルの動画はもちろんですが、フジテレビで過去に放送された番組のアーカイブとしても利用できます。テレビが好きな人にもおすすめ。

さらに、無料で読める雑誌や漫画もあります。

月額も最安水準ですので、生活の中のエンタメツールの一つとして取り入れてみてください。

種別 SVOD
動画本数 独占配信5,000以上
得意ジャンル ドラマ
月額 880円
無料期間 2週間

月9が好きな人は、あのドラマもあのドラマもいつでも見放題です。

昔のドラマのアーカイブも沢山あり、昔のテレビが好きだった人にもおすすめです。

\CHECK NOW/

FODの配信動画を無料期間で見てみる

プライムビデオ

プライムビデオ
プライムビデオが向いている人
  • 広く薄くいろいろ見たい人
  • 最新のアニメを毎週追いかけている人
  • オプションコンテンツも重視したい人

プライムビデオは、アマゾンプライムに含まれるサービス。バランスよくオールジャンルの番組が用意されています。

VODコンテンツとしては、動画本数は少な目。しかし、ジャンルごとにしっかりと面白い番組が用意されている印象です。

アニメの配信も1週遅れくらいで追加されていくため、毎週チェックしているアニメがある人が休日にまとめてみる用途にもオススメ。

また、最新映画などもPPVで見れるうえ、提携している他のVODサービス(関西お笑いセレクトなど)もプライムビデオ内で見れるなど、動画プラットフォームとして非常に優秀です。

さらに、金額内で付いてくるAmazon primeのその他のオプションサービスも魅力。宅配サービス(プライムデリバリー)、音楽(アマゾンミュージック)、書籍(プライムリーディング)も利用できるため、コスパ最高のVODです。

種別 SVOD
動画本数 1万本以上
得意ジャンル オールジャンル
月額 408円(年額4,900円払いの場合)
月払いの場合500円
無料期間 1か月

アマゾンのその他サービスもあまりに優秀のため、全員申し込むべきサービスです。

日本で生活するなら、申し込みましょう。まずは無料期間で配信動画のチェックから。

\CHECK NOW/

プライムビデオの配信動画を無料期間で見る

Hulu

Hulu
Huluが向いている人
  • テレビが好きな人
  • とにかく沢山の動画を見たい人
  • テレビに代わるツールが欲しい人

Huluは、テレビの見逃し配信、スポーツのライブ配信が得意。その他映画など様々なジャンルを多数配信しているVODです。

ライブ配信も豊富で、いつも見ているスポーツの配信チャンネルがあれば迷わずおすすめです。

テレビを捨ててHuluだけを見て暮らすこともできるでしょう。

種別 SVOD
動画本数 6万本以上
得意ジャンル テレビ・スポーツ
月額 933円
無料期間 2週間

VODをどれか一つだけ選ぶなら、Huluが選択肢の一つに挙がることは確実。

ライブ配信もアーカイブ配信も沢山あるため、好きな番組がぜったいに見つかります。まずは無料期間でチェックしてみて下さい。

\CHECK NOW/

Huluの配信動画を無料期間で見る

dTV

dTVが向いている人
  • 安いVODを探している人
  • 沢山の動画を見たい人
  • docomoを使っている人

dTVは、12万本以上という動画数に対して月額500円のコスパの良さが非常に魅力のVOD。

月額内で見放題の作品数であれば、コスパ(本数÷価格)はおそらく最高です。お気に入りの動画ジャンルがあれば迷わずおすすめ。

そんなに見たい物があるわけではないけど、何かVODを使いたい。適当に流し見したいような方は、動画本数と価格のお得感の強いdTVがおすすめです。

種別 SVOD
動画本数 12万本以上
得意ジャンル ドラマ・アニメ
月額 500円
無料期間 31日

12万本以上の動画が見れて500円は、非常に破格のサービスです。

お気に入りのジャンルがあれば迷わずお得。一度試してみて下さい。

\CHECK NOW/

dTVの配信動画を無料期間で見る

YouTube (Premium)

Youtube Premiumが向いている人
  • 流し見したい方
  • 音楽視聴も使いたい方

YouTubeは、全員参加型の動画プラットフォーム。作り込まれた動画というよりも短時間のさまざまなコンテンツを視聴できます。

YouTubeは、ご存じの通り基本無料です。YoutubePremiumに申し込むと広告が外れ、Youtube Musicも付いてきます。

普段からYoutubeを利用している方で、映画やドラマなどにあまり興味がない場合、YouTubeをより快適なPremiumプランにしてYouTube1本で暮らすのもおすすめです。

種別 基本 AVOD
Premium登録時 SVOD
動画本数 不明
得意ジャンル オールジャンル
月額 基本無料
Premium 1,180円
無料期間 Premium3か月無料

普段YouTubeを使う方は一度検討して損はないサービス。

音楽も端末にダウンロードし放題なので、それだけでも元とれます。

\CHECK NOW/

YouTube Premiumについて詳しく見る

ニコニコ動画

ニコニコ動画
ニコニコ動画が向いている人
  • バラエティが好きな方
  • 昔ながらのオタクのノリが好きな方
  • DaiGoが好きな方

ニコニコ動画は、参加型の動画プラットフォームです。画面に視聴者がコメントを流せることが特徴。

”皆で見ている感”を感じたい人におすすめ。アーティストの配信者も多く、米津玄師もニコニコ動画出身。お気に入りの発掘作業にも向いています。

”配信者を自分が育てた感”を感じたいオタ気質な方にはすごくおすすめ。

また、メンタリストDaiGoの配信はニコニコ動画がメイン。月額制のチャンネルをもっているため、DaiGo好きな人にもおすすめです。

種別 SVOD
動画本数 不明
得意ジャンル バラエティ
月額 プレミアム500円
無料期間 基本無料

ニコニコプレミアムは月額500円。バラエティ好きな人はぜひ。

\CHECK NOW/

ニコニコ動画を見に行く

各VODに向いている人は?

様々なVODをご紹介しましたが、「で、どれにすればいいの?」と思いますよね。

ご紹介したそれぞれのVODに向いている人のタイプを下記の通りまとめました。

とりあえず2,3個登録して、無料期間中にお気に入りを見つけてみて下さい。

↓横にスクロールできます。

サービス 向いている人 申し込む
U-NEXT 映画・韓流ドラマが好き
追加課金して最新映画が見たい
とにかくいろいろ見たい
U-NEXTに無料登録
ABEMA バラエティが好き
テレビのバラエティが物足りない
好きな芸能人がAbemaで番組を持っている
ABEMAに無料登録
FOD テレビが好きな人
月9が好きな人
雑誌も読みたい人
FODに無料登録
プライムビデオ 広く薄くいろいろ見たい人
最新のアニメを毎週追いかけている人
オプションコンテンツも重視したい人
プライムに無料登録
Hulu テレビが好きな人
とにかく沢山の動画を見たい人
テレビに代わるツールが欲しい人
Huluに無料登録
dTV 安いVODを探している人
沢山の動画を見たい人
docomoを使っている人
dTVに無料登録
Youtube 流し見したい方
音楽視聴も使いたい方
Youtube Premiumに無料登録
ニコニコ動画 バラエティが好きな方
昔ながらのオタクのノリが好きな方
DaiGoが好きな方
ニコニコに無料登録

VODについてのよくある質問

VODに関するよくある質問をまとめました。

Q:VODを一言で説明すると何ですか?

A:動画配信サービスのことです。大きく分けて3種類あり、本文で解説しています。

Q:VODの代表的なサービスは?

A:U-NEXTやYouTubeなどです。SVODやAVODなど、VODの中にも種類があります。

Q:VODの中でもおすすめのサービスは?

A:本文で解説しています。ぜひご覧ください。

VODについての解説でした

VODとは、動画配信サービスのこと。

いまはVODの殆どがウェブ上のサブスクリプション型のサービスになっています。

家にはもう、テレビもDVDデッキも要らないかもしれません。

必要なときに、必要なものだけ選ぶ時代。

スマホ、タブレット、PCがあれば、どこでも好きな時間に、自分の好きなものを見られます。

ぜひお気に入りのVODサービスを見つけて下さい。

<関連記事>サブスクリプションについて

サブスクリプションとは│意味や特徴、おすすめサービス総まとめ
サブスクリプションとは│意味や特徴、おすすめサービス総まとめサブスクリプションとは何かを解説しています。特徴や利用するメリット、どのようなサービスがあるのかなど。あなたに合ったサービスもきっとあるはずです。...
ABOUT ME
Subsc-p!cks
Subsc-p!cks
Subsc-p!cksでは、”イマ”を生きる僕たちにピッタリなサブスクリプションサービスを紹介しています。「パラレルワーク」「ノマド」「web」「フリーランス」こんな言葉にピンときた人には、きっと楽しんで貰えるはず。僕たちのライフスタイルには、サブスクがよく似合います。